挨拶の際に忘れてはいけないこと

日本には古くから冠婚葬祭と呼ばれる儀式があり、元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼という四つの人生の節目及び死後に家族間で行われる行事全般です。家族や親族、友人を招待して集まった人々が旧交をより深める、とても大切な文化です。冠婚葬祭にはそれぞれ挨拶の形式があり、挨拶に使用してはいけない忌み語というものがあります。結婚式や披露宴では別れる、切れるなどの離婚や死別を想像させる言葉、葬式では死ぬ、生きるなど直接的な言葉やたびたび、ますますの様な重ね言葉を避けます。また、だらだらと長くならない様に簡潔で手短に抑えるのが無難です。葬式の際は宗教によって忌み語が違うので注意が必要です。時代の流れと共に冠婚葬祭のスタイルや感覚が大きく変わりつつあります。しかし、礼儀や感謝の気持ちはいつの時代も変わりません。相手に対する気持ちの配慮や思いやりを忘れないことがとても大切です。

あなただけに教える上大岡 税理士
後悔しない西船橋 税理士
宝塚 税理士にお困りなら
twitter
Amazonで楽々ショッピング

最新投稿

  • 挨拶の際に忘れてはいけないこと

    日本には古くから冠婚葬祭と呼ばれる儀式があり、元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼という四つの人生の節目及び死後に家族 …

    続きを読む...

  • 良い挨拶とはどのようなものか考える

    冠婚葬祭で突然挨拶を頼まれるということはよくあることです。ですから事前に頼まれていなくても式に行く前にもし万が …

    続きを読む...

  • 挨拶について考えてみましょう。

    冠婚葬祭のあいさつについて、冠婚葬祭について経験がある方もあると思います。結婚式などは仲人・友人代表・家族の挨 …

    続きを読む...

  • スピーチで気をつけること

    冠婚葬祭の場で挨拶やスピーチをする時、気をつけなければいけない言葉が色々とあります。その言葉は忌み言葉とも呼ば …

    続きを読む...